2 月 2011

You are currently browsing the monthly archive for 2 月 2011.

次の新酒は八反錦辛口

お待たせいたしました。

昨年末より売り切れとなっておりました、八反錦辛口純米酒が本日より発売となりました。

ずいぶんとおまたせをいたしました。

今年の八反錦辛口純米酒は辛口はもちろんですが、例年よりすっきり感が出ているように思います。

まだまだ熟成していない分、新酒独特のフレッシュ感が強いかもしれませんが、

今年の八反錦辛口純米をお楽しみいただけたら嬉しいです。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

本日お店に並んだ八反錦辛口純米酒は火入れした商品です。

先日から並んでいる八反錦辛口純米酒は生酒です。お間違いのないようにお願いいたします。

生酒のほうをご希望の方はホームページからのショッピングでは購入できませんので、

メールでご注文いただけたらと思います。

仲間入り?。

今日は朝から庄原まで機械を取りに行きました。

打栓機を買わせていただいたのです。これまでの打栓機・・・あ、打栓機ってわかりますか??

どこの業界にも専用の言語ってありますよね??。特に会話からっていうのは???って場合があります。

漢字に変換すると、あ?、そういうことね。。。って思いますけど。

話がそれましたが、‘だせんき’って聞いただけだと、なんだなんだ??って思いますよね。

打栓機です。読んで字のごとく、ビンの栓を打つ機械です。

これまでは一升瓶のみの打栓機でしたが、

今日購入させていただいたのは180ml?1.8Lまでとすべてのサイズの栓が可能になります。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

これはこれまでの打栓機です。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

これが今回購入した打栓機です。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

すぐに設置にとりかかりました。

違うラインにあった機械ですから、これまでのラインに合う様に改造がはじまります。

使う日がとても楽しみです。

今朝も寒かった。。。

だんだん暖かくなってきていますね?。

日中は太陽が出てほんわりする一日でした。

ですが、今朝は寒かった。。。

外に出るとバリバリ足元から聞こえるので、じーーーっつと見ると、

すごい高さだ!!と思って、カメラっカメラっつ・・・と急いで取りに戻り、

パチリ。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

もう一枚パチリ。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

歩くたびにバリバリいうはずですよね??。

こんなに高い霜柱・・・。

今年は本当に寒い冬でした。

春が待ち遠しい今日この頃です。

酒造りも終わりに近づいています。

大吟醸を搾りました。

いよいよ大吟醸が出来上がりました。

今日か今日か・・・と毎日様子を見ていましたが、

?

?

?

?

?

?

?

?

?

よしっ!!今日搾るぞ!!という号令のもと、バタバタと準備が始まりました。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑タンクからお酒を送るポンプです。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ 袋取りの大吟醸はこのビンに受けます。ビン4本だけの本当に少量です。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ 袋をつるしています。

すべての準備が整ったところで、皆が所定の位置にスタンバイします!!

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ ホース担当。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ポンプ担当! スタンバイOK

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ポンプの注ぎ口を袋に・・・OK!!

いよいよ始まります。

せーの、い?ち、に?い、さ?ん・・・ポンプを動かしていきます。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

もう少し入れてもいいね・・もう一回ポンプを動かします。

四回がちょうどいいね。。

はい次?、1,2,3,4・・・。オッケー。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ちょうどいい具合に袋にお酒が入っていきます。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑どんどん詰めていきました。これ以上ムリというところで終わり??。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ゴミが入らないようにビニールでカバーをします。

?

そしていよいよ。。。。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

袋にいれた酒の重さと重力で自然と垂れてくるお酒・・

一番搾りです(どこかのメーカーさんの商品名ですが。。)

この4本のビンに取った大吟醸のなかで一番いいと思うものを全国の品評会に出品します。

ですが、これがまた大勝負なのです。

この搾った酒をいつどの時点で火入れをするか。。。

4本に搾ったお酒でもそれぞれ微妙に味が違います。

では何本目の酒を出品するか。

今年も勝負に挑みます!!

こちらの袋取り大吟醸は品評会に出した後の残りの本数、販売させていただいております。

中汲み大吟醸とは格段に味が違います。値段も倍しますが・・・。

でも、記念日や飲んでみたいという強い欲望を持っていただいたなら是非飲んでみてください。

ただ、品質管理のため、マイナス6度の冷蔵庫に保管していますので、

すぐにご用意できない場合がございます。ご理解くださいませ。

これまでは老亀は生酒というと、酒造りの一番初めの‘にごり生酒’‘あらしぼり生酒’だけでした。

昨年あたりから火入れをする前に少しだけ生酒をとっておいて、地元限定の神楽酒と秋にひやおろしとして発売していました。

八反錦辛口は2月、3月のみの限定で少量ですが生酒を発売することにしました。

八反錦辛口純米の生酒での発売は初めての試みです。

火入れした八反錦辛口(老亀の定番商品です)もいよいよ発売しますので、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

↑ 八反錦辛口純米の生酒バージョンです。キャップが‘生’となっています!!

« Older entries