1 月 2011

You are currently browsing the monthly archive for 1 月 2011.

先月より店頭に何事もなかったように、まるで前からあったように並んでいます。

オノシュゾウ=老亀=古酒=甘口というイメージを持たれている方も少なくありません。

おかげさまで、15代目の蔵元となり約4年が経ちました。

一代一代がその時代を手探りで失敗や後悔を繰り返し、修正を重ね、

そして、多くの寛容な皆様に助けられて老亀を続けてこられたのだと感謝いたしております。

これから15代目としてさらに皆様にご愛顧いただける老亀でありたいと思い、

この度、新たな顔となるブランドを立ち上げました。

それは‘‘一期夢一’’(いちごゆめひと)です。

老亀を共に、あなたとのひと時を夢のようなひと時に・・・とい思いを込めて。

そして、そのような老亀であるために、なお一層の努力と精進を忘れず日々を重ねたいという

そんな二つの思いから、このような銘を選びました。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

これからもどうぞ老亀をよろしくお願い申し上げます。

まだ、ホームページには載せていませんので、ご注文はメールにて承っております。

蔵仕事の合間に・・・

今日は蔵の仕事が一段落したところで、雪おろしをしました。

雪の重みで屋根がミシミシ言い始めていたので、

‘‘こりゃ?限界じゃろ??、雪を降ろそーやー’’

ということで、屋根に上って雪下ろしをしました。

?

?

?

?

?

?

?

屋根に上がっているのは社長と蔵の長老です。

降ろした雪を今度は一輪車に乗せて裏庭まで持っていきます。

老亀では冬は酒造りの他にこんな仕事もしなくてはいけません。。。

いよいよ新酒第3号!!

昨年秋から仕込みはじめ、新酒第1号がにごり生酒、新酒第2号はあらしぼり生酒でしたが、

今日は第3号のお知らせです。

12月には完売となっていました純米酒が出来上がり、瓶詰することができました。

今年の純米酒は日本酒度が+5と中辛口に仕上がっています。

ホームページの純米酒のプロフィールはまだ昨年のままなのですが、

今年の純米酒をお楽しみいただけたらと思います。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

まだ出来たてなので、ピリピリするような感じもあるのですが、

これも新酒の醍醐味!!と思って楽しんでみてください!!

雪は止みましたが・・・

雪も止んで、今日は太陽が顔をみせてくれていました。

今回の雪はこれくらい降りました。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

わかりますか??真ん中が地面です。

長靴を履いていても雪のほうが深く、靴の中に雪が入ってくるほどです。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

車にもこんなに雪が・・・。

潰れてしまいそうなほどの量です。

重たそうに見えるでしょうが、パウダースノーなので、息を吹けばフワ?っと雪が舞います。

ただし、これも一瞬。晴れてきたので、雪は重たくなりそうです。。。

蔵では大吟醸を仕込みはじめたところです。

雪・雪・雪・・・・

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

先週あたりから、天気予報でスゴイ寒波が来ますっ!!って何度も言われてましたが、

本当にスゴイのが来ていると思い始めました。

老亀のある町もずう???っつと雪が降っています。

ちらっと太陽がでて、青い空がでている・・と思っても、雪は降っています。

?

?

?

?

?

?

?

?

車にも半日でこんなに積ります。

?

?

?

?

?

?

?

とにかく降って降って降りまくっています。

道路脇には年末から、溶けては積り、溶けては積りを繰り返しているので、

太ももあたりまでの高さになっています。

長靴は手放せません。

« Older entries