10 月 2010

You are currently browsing the monthly archive for 10 月 2010.

春からはじめた甑(こしき)の改造は蔵入り前に終わりました。

いよいよ改造後はじめての‘蒸し’作業です。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

どうなることやら・・と心配していましたが、とりあえずいい具合に蒸しあがり、ホッとしました。

ですが、初めての回転甑にかなり作業が手間取りました。。

半年間作業していなかったので、体が思い出すのに少し時間がかかるようです。

先週からずぅ?っと毎日精米が続いています。

自社水田で育った中生新千本は今年はイノシシに目をつけられて、少々荒らされて使えない所があったので、

約90俵と例年よりは少ない収穫となりましたが、検査では、一等米の評価をいただきました。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

続いて加工米が120俵入荷となり、精米機は朝から晩までフル稼働で精米をしています。

この加工米は普通酒など掛米として使用する分です。今年はすべて‘こしひかり’が入荷してきました。

もちろん地元の北広島町産です!!

?

?

?

?

?

?

?

?

?

これはまだ始まりです。

これから八反錦辛口用の特別栽培米・八反錦が入荷となり、大吟醸や吟醸用の千本錦が入ってきます。

大人気のこしひかり純米のこしひかり用はさきほどの加工米ではなく、地元の特別栽培米・こしひかりが入ってまいります。

これから約2カ月は精米機に頑張ってもらわないといけません。。

今年も田んぼが黄金色に輝く季節になりました。

?

?

?

?

先週、北広島農場さんにお手伝い頂いて、米の収穫をしました。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

機械でズンズン刈られていきます。最新の機械のようで、

刈りながら、カメムシなどに食べられた米をとり除くことができるということ。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

老亀では農薬を使わないイネなので、カメムシなどに食べられた米がどうしても取り除けず、

お米の検査で3等米になっていました。

ちなみに、お米の検査ではズボッと筒を突っ込み、その中で何%虫食いなどの米があるかで等級が決まります。

(ライスセンターの方に聞いてみました。)

今年はもしかしたら等級があがるかな??なんて少し期待しています。

数量は今年の暑さなどの天候の影響で、昨年よりかなり減りました。

このお米は新酒、にごり生酒とあらしぼり生酒、純米酒の原材料となります。

今日からいよいよ精米に取り掛かります!!