7 月 2010

You are currently browsing the monthly archive for 7 月 2010.

老亀では冬にはフレッシュな酒粕を販売しています。

冬の酒粕は甘酒や粕汁などに使っていただいているようです。

この時期に発売する酒粕は奈良漬用の酒粕です。

冬の粕を別に取っておいて、3か月ほど熟成させたものになります。

こうすることで、少しやわらかくなり漬けやすくなるのです。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

ここで、老亀の奈良漬の漬け方をお届けします。

老亀ではウリやキュウリを漬けています。

まずはウリをきれいに洗い、傷んだような皮は取り除き、

重量の20%の塩で塩漬けします。

1日から2日経つと水がでてきます。

そして、ウリを取り出し、一日天日干しします。

その後、酒粕に漬けていきます。3か月くらい経つと美味しく出来上がります。

さらに美味しくしようと思われたら、もう一度漬け直しされるとよいそうですよ!

老亀では砂糖やみりんを使用せず漬けます。

こうすると、素朴でうまみのつまった美味しい奈良漬になります。

これがめんどうだわ??って思われる方は・・・。

キュウリに塩をまぶし一晩置いたあと、水気を切りそのままズボッと酒粕のなかに突っ込みます。

そして、一日置くともう次の日にはおいしく食べることができます。

是非お試しください!!ウリやキュウリだけでなく、ナスビや大根でも美味しくできますよ?。

ちなみに4kgで1680円です。

すくすく・・・

ここのところ毎日のように雨・雨・雨・・でしたが、昨日は朝、日差しが出ていたので、チャ?ンスと思って田んぼに行きました。

なんと、すくすく育っていました。

株間はよそのお宅より大きく取るのが先代よりの習慣です。先代が、多く植えればいいってもんじゃない!!

という考えのもと、ほどよい株間をあけて図太いイネを育てよう!!っていうことらしいです。

そのため、隣のイネと遠慮せずのびのび育っています!!

でも、植えたときはこんなに少なくてホントに大丈夫????って感じだったんですよ??。

なかなか先のことを思って行動することって難しいですよね??。

ちなみに、自宅裏で夏野菜を育てていますが、先のことを考えず植えてしまったので今では苗と苗が狭そうにしています(T T)

どうなることやら・・・。