3 月 2010

You are currently browsing the monthly archive for 3 月 2010.

今月の神楽酒

今年の1月より神楽酒を販売しています。

この神楽酒は老亀のある北広島町の神楽団のカレンダーにちなんだ商品です。

毎月異なる神楽の舞いとあらすじをラベルにしたものですが、

1月はあらばしり生酒、2月は八反錦辛口純米の生酒でしたが、3月は特別純米の生酒となっています。

この神楽シリーズは老亀のスタンダードなものからレアなものまでさまざまですが、

毎月違ったお酒の味を楽しめる新たな商品です。

毎月5日にその月のお酒が決まります。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

これからの神楽酒もどうぞお楽しみに??

かめグッズ

昨日、広島市南区N神社さんにお神酒の納品に行きました。

帰りにみかけたちょっとしたお店で、見つけました!!かめグッズ。

ここのところ酒造りで出かけることは全くなかったので、かめグッズ収集もストップしていたのですが、

出会いました。こんな短時間で出あうなんて・・・。もちろん即買いでした!!

?

?

?

?

?

?

?

?

ニューフェイス、さてどこに置きましょうか・・・

甑(こしき)

お米を蒸す機械のことを甑(こしき)と呼びます。

家庭の感覚でいうと、炊飯器です。

今回の酒造りまではステンレス製のもので下から蒸気でお米を蒸していました。

そして、蒸しあがったお米はスコップで掘り、桶に入れて冷ますために設置した簾のようなところに運び、

適度な温度になるまで冷まします。

言葉でいうのは本当に難しいのですが、家庭的に言えば・・・

炊飯器でお米を炊いて、しゃもじ(=スコップ)でお米を巻き簾(巻き寿司をつくるときにつかうもの)の上に置いて、

少し冷ます。といったことの大量版です。

このスコップで掘るという作業が案外つらいのです。

先代はそれを見ていて、何か・・・と思ったのでしょう。

回転する甑というものを買ってきていました。

買った当時は、何らかの理由で導入できなかったようで、

長い間ほったらかしにされていました。

ですがこの度、この回転甑というものを導入してみようということになり、

外でほったらかしにされていたものをえっちらおっちら出してきました。

これから半年かけてきれいに洗い、整備して今年の秋からの造りに

フル活動してもらおうと思っています。

?

?

レンガが敷いてあるのは、昔かまどがあった名残です。

今はボイラーからの蒸気で蒸すのでレンガでなくてもよいのですが、変えることもないので、そのままです。

この上に回転甑を設置する予定です。