2 月 2010

You are currently browsing the monthly archive for 2 月 2010.

今年の大吟醸

今年も大吟醸を絞る日がやってきました。

今日か明日か・・・と毎日状態を見て、やっと今日に決まりました。

朝4時に作業を始め、9時からいよいよ絞りはじめました。

スットンと呼ばれるポンプで‘イ?チ・ニ?イ・サ?ン・シ?’はいストップ。

そんな掛け声とともに次々と釣り袋にお酒を入れていきます。

タンクいっぱいに釣り袋がいっぱいになったところで終わり。。

しばらく自然の力でポタポタとお酒が絞られるのを待ちます。

これが老亀の限定大吟醸です。

ちなみに全大吟醸の3分の1がこのような絞り方での大吟醸となります。

あとの3分の2の大吟醸は空気圧によって絞ります。これは老亀では中汲み大吟醸と称しております。

斗瓶4本分の大吟醸がとれました。

ここのところ北広島町でもかなり暖かい日が続きましたので、

冷蔵庫に保管することになりました。

?

?

?

?

?

?

?

?

これでとりあえずひと段落です。

この大吟醸がこれからどのように変化していくかわかりませんが

今年の全国鑑評会に出品します。

醍醐味??

今日は老亀の人気商品‘八反錦辛口純米酒’の新酒をビン詰しました。

タンクからこの八反錦辛口純米をろ過して・・・ と順調に事は進んでいたのですが、

蔵の入口あたりにそっと置かれている桶になんだか濁った液体を発見、、、、。

何これ。これどうするの??忘れてるんじゃない?と声があがり焦っていたら、

わざわざ置いてるの!!という声。

なんだなんだ???と思っているうちにろ過が終了。

で、何これ?気になってしょうがないんだけど・・・。

これ、‘八反錦辛口純米の薄濁り。’とのこと。

ふ?ん。。ちょっと一杯。。。ゴクリ。

おいしい。。。これどしたん、こんなのあったん!!(広島弁まるだしです)

・・・とこんな会話が今日の午後にありました。

そして、今晩はもちろん‘八反錦辛口純米 薄濁り’をいただきました。

?

?

?

?

?

?

かおりもふわっとうるさくない程度にあり、辛口らしくのどごしすっきり。

これってほんと製造者の醍醐味です。

でも、老亀をいつもご愛顧いただいているファンの方にも同じく醍醐味を味わっていただきたい。と蔵元がいうものですから、

ごくわずかですがおわけしようと思います。

詳しいことが決まったら、またお知らせいたしま?す。