10 月 2009

You are currently browsing the monthly archive for 10 月 2009.

神楽

昨日は老亀のある蔵迫地区のお祭りがありました。

このあたりのお祭りは夜、神楽を見ることです。

この神楽に老亀の社長が出演しています。

夏から週2回の練習を経て昨日が発表の日でした。間違った動きも、カツラが脱げそうになったりとヒヤッとするところもあったのですが、3演目の役を演じました。

神楽という伝統芸能を習得するには時間がかかりそうです・・・。

明日からはまたウマい酒造りへの挑戦がはじまります。。

?

こしひかりが入荷

老亀のこしひかり純米を飲まれたことはありますか?県内ではじめてこしひかり米で酒を醸したのは実は老亀です。

甘口ですが、米の味が出ていて、のみごたえのあるお酒です。

このこしひかり純米は今年のインターナショナルワインチャレンジ2009・純米酒の部で

銀賞をいただいた商品です。

このこしひかり純米のお米が本日は入荷しました。

小野酒造では自家水田で稲を育てていますが、すべて中生新千本ですので

他の種類のお米は購入しています。

今年はこしひかり米を町内の農業法人せんごくの里さんより分けていただきました。

?

このこしひかり米は特別栽培で広島ブランドの認証を受けているお米です。

あたりまえのことですが、安心で安全なお酒を醸造していきたいと思っていますので、原材料にもこだわりたいと思っています。

こしひかり純米酒を醸造するためのこしひかり米はせんごくの里さんにご協力いただきました。

こだわりこしひかり純米酒をどうぞお楽しみに!!

蔵入り・初蒸し

老亀では先週の金曜日に蔵入りとなりました。

蔵入りとは蔵人が来て下さり、これから酒造りが始まるというそんな日です。

酒造りが終わった春から、蔵はそのままにしているので、蔵入りの日は洗いものから始めます。

まずは精米機を清掃し、すぐに精米にとりかかります。

また、他の道具はお湯で洗い、殺菌して、作業しやすい定位置に配置します。

今年は精米機も改造しましたが、洗米機も新しくなりました。

長年旧型の洗米機で頑張っていましたが、これから先のことを考えて、きれいに洗米できるよう投資しました。

これまでの重厚な洗米機とは違って、本当に簡単な道具です。

こんな簡単そうな機械で大丈夫なのか・・・と少し不安になった蔵人たちでしたが、

実際洗米してみると、なんてきれいなのだろう・・・と少し感動したようです。

そして、本日初めてお米を蒸しました。

いよいよ人気商品にごり酒の仕込みです。

いきおいよく蒸気があがっています。

美味しい新酒にごり酒ができるよう励んで参ります!!

中生新千本です。

先週、稲を刈っていただきましたが、その後等級検査に行きました。

今年も3等でしたが、検査員の方にもう少しで2等だったのにねと言われました。

ただ、農薬をしていないのだと言うと、それなら当たり前だ・・・とのこと。

カメムシに食べられてしまったため黒くなったお米ももちろんありますが、

稲の実りを感謝して今年も酒造りに励んでいこうと身を正しました。

稲刈り

今日は稲の収穫となりました。

今年も順調に稲が育ちました。

先週の台風の影響がとても気になったのですが、

おかげさまで、稲が倒れることもなくよく実りました。

老亀ではさすがに農機具を所有していないので、

毎年、田植えと稲刈りはご近所の方にお願いしています。

もちろん社長もお手伝いします!!

ただ、今回の稲刈りはご近所さんが病気ということで、

残念ながらお願いできませんでした。

さてどうしようかと思っていましたが、

町内の農業法人さんがしてくださることになりました。

この農業法人さんは、実は小野酒造とのコラボレーションで純米酒を発売している

ご縁のある農業法人さんです。

お店に来ていただいた方はご存じだと思いますが、

黒瀧という商品名で販売させていただいております。

この純米酒黒瀧は今回稲を刈っていただいた農業法人、

平田農場さんが、減農薬で栽培した酒米を原料に

鳴滝温泉の名水を仕込み水として、小野酒造で醸造した中辛のお酒です。

話がそれましたが、そんなこんなで稲刈りをすることができました。

さすが!農業法人さんの所有する大型農機具、

2時間半ですべての稲を刈ることができました。

明日には米袋に入った玄米が老亀に届くことになります。

その後、米の等級検査を受けいよいよ精米をすることになります。

« Older entries